ウイイレアプリでも戦術による勝利を!Part2

 はい、みなさんこんにちわ!今回は前回の続きとなっております。それでは本編、どうぞ!

Part1は下記のURLからどうぞ

 あと、今回は相手の布陣は4-3-1-2を採用しています。

・攻撃編

・可変ビルドアップ

・左肩上がりのビルドアップ

左肩上がりのビルドアップ

 前回の本編冒頭で説明した通り、そして中の人は右に守備的サイドバック、左に攻撃的サイドバックを配することで、右サイドバックが3バックの右に入ることで、左肩上がりの3-4-3のような形になります。こうすることで、相手の2トップの守備に対して、数的優位を保てますし、高い位置でも左はサイドバック、右はサイドハーフが大外に張ることで幅も取れるようになります。(4-2-3-1だとサイドハーフは結構な頻度で中に入ってくるのが玉に瑕。4-1-4-1だとより幅を取りやすくなる。)

・ダウンスリーからのビルドアップ

ダウンスリーからの対角線のフィード

 ダウンスリー(アンカー落ち)も数的優位を形成でき有効なビルドアップです。こちらも配置のズレを作り出してのビルドアップですので、相手のプレスを回避しやすいです。また、オンラインでの相手の多くはSBの片方ないしは両方をCBにしているのが多いので、中央に絞っている場合が多いです。そうなると大外のレーンが空きやすいのでそこにアンカーやパス能力に秀でたCBから対角線のフィードを通すことで一気にチャンスになりやすいです。

 インサイドハーフが上がったSBの裏に落ちるクロースロール(今のアーセナルでジャカがやっている役割)も同じような効果を得られます。

・少ないタッチ数での連携

 1人でボールを持つ時間が延びるとどうしても能力値的に優れたレジェンドやFP、IMにねじ伏せられるリスクが高まりますし、ドリブルで仕掛けるのにはリスクが伴いますし技術も必要です(それでもドリブルが必要な場面はありますが)。ですから、少ないタッチ数での崩しの解説をしていきます。

・レイオフ

レイオフ

 レイオフはボールを前進させる上で中央でもサイドでも有効ですが、ゲームでは特にサイドで有効です。

 図の左のようにCBからの縦パスをサイドハーフが上がってきたサイドバックに落としSBがサイドハーフの外を持ち上がることでプレスを回避しながらボールを前に進められます。また、サイドハーフが裏へ抜けることでその後の連携にもつなげられます。

 図の右はこの後説明するニアゾーンランとの合わせ技です。低い位置のSBからの縦パスをタッチライン際で受け、ワンタッチでハーフスペースを上がってくるインサイドハーフに繋ぎ、インサイドハーフが持ち上がるかとができ、サイドハーフはインサイドハーフが持ち上がった後ろのスペースから中に侵入していき今度はパスの受け手になります。この時相手SBがサイドハーフにプレッシャーをかけず中を固めるという選択肢も取れますがその場合はサイドハーフが、前を向くことができるのでそこから縦に突破してマイナスの折り返し、カットインからのシュートなどリスクを負って仕掛けてもいい場面になります。

 また、サイドハーフがこんな思い通り動くのか?と思う方もいると思います。結論から言いますと3回に2回くらいは図のように動きます。というのも経験則ですがサイドハ-フは高い位置でパスを出した後はゴールの方に向かって行く傾向があるからです。

・ニアゾーンラン

ニアゾーンラン

 サイドハーフが大外でドリブルで仕掛けて相手SBをつり出すことでSB-CB間に生まれるスペースにインサイドハーフが走り込みボールを受け、そこからマイナスの折り返しを入れてそれにCFや逆サイドのインサイドハーフが合わせてゴールを狙う形は低いリスクで得点を狙えます。

インサイドハーフ(OMF)に2列目からの飛び出しの選手を起用すると再現性が高くなります。

・あとがき

 いかがだったでしょうか今回の企画。正直書いてて迷走してるなぁとか思ってましたがそれはそれ。次回以降はいつも通りな感じの記事を書いていきたいと思います。それでも面白いと思った方、参考になった方がいれば幸いです。

  拡散してくれたりサイドバーからTwitterのアカウントフォローしてくれたり感想とか言ってくれるとうれしいです!それでは次回また会いましょう。

おもしろかったらこちらクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

↓こちらから読者登録していただければ新着記事を見逃さずに読めるので是非!
soccer-coffee20001113のブログ - にほんブログ村