【マッチレビュー】タジキスタン対日本 想像以上の出来だったタジキスタン

 各国リーグも中断期間で退屈な日々・・・というほどでもありませんでしたがいかがお過ごしでしょうか。中の人はサッカー以外だとこの期間はラグビー見てCSも見てました。大のG党ですからね!

 というわけでW杯アジア2次予選タジキスタン戦分析していきましょう。

f:id:coffee20001113:20191015233931j:plain

試合結果

f:id:coffee20001113:20191016000005j:plain

両チームのスターティングメンバー
f:id:coffee20001113:20191015233743j:plain
f:id:coffee20001113:20191015233816j:plain
試合経過

試合はこのように日本が3点を取り快勝でしたが、タジキスタンも足元の技術もあり後方から繋ぎ、前からプレスにもくるチームでした。

・前半 前からプレスをかけるもディティールの甘さが露呈

f:id:coffee20001113:20191016003617j:plain

タジキスタンのビルドアップ

 タジキスタンはキーパーからではないですが、後方から丁寧につないでくる形をとっていました。ですが基本的には4バックのままビルドアップをしてきたので、日本も前4人でプレスを順々にはめていく形をとりました。ですがタジキスタンも思いのほか技術が高くプレスがはがされることもしばしば…ここで柴崎や橋本も連動してプレスをかけ続けられていればそこで奪いきれますが、実際はこの前4人の後ろを上手く使われるシーンが散見されました。

 タジキスタンがダウンスリーや、クロースロールなどを使うビルドアップをしていたらさらに混乱が生じていたでしょう。

f:id:coffee20001113:20191016003516j:plain

日本のビルドアップ

 日本も同じく後方からビルドアップをしていくのですが冨安を欠いていたからか後方のパス回しの速度と質が低下していたように見受けられます。さらに森保さんがリスクを嫌ってか、ロングボールを多く放り込んでいました。タジキスタンは1トップと両サイド、さらにIHの一人が飛び出して数的同数でプレスをかけていました。ですがこのとき近くでフリーの味方がいるにもかかわらず柴崎がリスクのある永井サイドチェンジをしたり、植田が裏を狙うロングボールを放り込んで跳ね返されたりと、リスクを避けすぎることで逆にリスクを負っている印象でした。それに鎌田が0トップ気味でプレーし南野がトップ下でしたが今一つかみ合ってませんでしたし、人選的にもロングボール戦術には向かない人選に感じました。

 また、この試合でも中島がボール受けたさから低い位置まで下がり過ぎてしまう嫌いがありました。格下相手ならそこから前を向いてドリブルでかわせるのですが、各上相手だとまず前を向かせてもらえないでしょう。その位置でのロストが危険であるというのはモンゴル戦でも証明されています。

・後半采配と得点シーン

f:id:coffee20001113:20191016011028j:plain

選手の配置はこんな感じになってたかな?

 若干雑ですが、先制点のシーン。鎌田がドリブルから高い位置をとっていた中島へパス、中島がインスイングクロスをファーサイドでDFの死角に走りこんだ南野にピンポイントで合わせ南野のヘッドで先制ゴール。

 鎌田と南野が入れ替わったことで鎌田はより司令塔としてプレー。それによりサイドと1トップ、後方との潤滑油のような感じになりました。南野は前線からよく走りそして、南野との連携も前半とは見違えるような良さになっていました。

f:id:coffee20001113:20191016012504j:plain

野投

 後半19分 森保監督の大好きな浅野拓磨投入

 浅野の持ち味はスピードです。そのスピードを生かした裏への飛び出しを試みるシーンが多くそれが好機にもなりました。そして酒井宏樹からのクロスにファーサイドでDFの背後に走りこんで頭で押し込みチーム3点目を記録。ですが浅野がよかったとは思えません。スピードを生かしてチャンスになってもシュートミスやトラップミス連発で正直なんで呼ばれてかいまだにわかりません。韋駄天FWなら永井もいるし武藤もスピードを生かした飛び出しに加えてフィジカルもあります。

 後半42分 久保建英投入

 ここでようやく久保投入です。ですがこの数分かんで十分すぎるインパクトを残していきました。

 エリア右で堂安からパスを受け、一人背負ったところから一瞬のすきをついて振り切り、そこから3人相手にきーぷしながらゴールライン際・・・そこでマイナスに折り返します。普通なら1アシストです。ですがこれを受けた浅野は力んだのかゴール目の前から放ったシュートはポスト直撃。

 その前にも左サイドに流れて、長友が相手SBをつり出して空いたハーフスペースにスプリントをかけています。これは中島ではまずお目にかかれないプレーでしょう。

・最後に

 結局久保がプレーしたのは2試合通じてこの数分だけ。それなら今回は呼ばないでほしかった。このAマッチウィーク明けにマジョルカレアル・マドリー戦を控えていますしこの試合で活躍すれば大きなアピールになったでしょう。

 それに冨安もです。ここまでセリエAでもフル稼働でしたし、確実に勝てる相手にフルメンバーで挑んだり、しかも試合前から故障個所の張りを訴えていたそうです。それなのに起用したのは疑問符が残ります。

ブレーメンとのことで何も学ばなかったのでしょうかね。

 

次はアーセナル対シェフィールド戦後にお会いしましょう!

おもしろかったらこちらクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

↓こちらから読者登録していただければ新着記事を見逃さずに読めるので是非!
soccer-coffee20001113のブログ - にほんブログ村