アーセナル薄氷の勝利 未だに見えないエメリの意図

 

f:id:coffee20001113:20191007183052j:plain

試合結果

ぺぺのCKをダヴィドルイスが走りこんで頭で決めてこれが決勝弾。ダヴィドルイスはこれが移籍後初ゴール。

f:id:coffee20001113:20191007183122j:plain
f:id:coffee20001113:20191007183150j:plain
両チームのスターティングメンバー

アーセナルは表記は4-2-3-1ですが試合を観た感じだと基本はジャカがアンカーでセバージョスとグエンドゥジがインサイドハーフの4-3-3の4-3-3な感じでした。

f:id:coffee20001113:20191007183234j:plain
f:id:coffee20001113:20191007183251j:plain
試合経過

 アーセナルは勝ちはしましたが、内容はとても褒められたものではありませんでした。

f:id:coffee20001113:20191007193804j:plain
f:id:coffee20001113:20191007194724j:plain
アーセナルのビルドアップの形

 右SBチェンバース、左SBコラシナツだと、二枚目の画像のように左肩上がりでコラシナツが高い位置を取り、チェンバースが守備を固めると、理にかなった布陣で、コラシナツの高い位置での守備と持ち上がりも活かせていましたし、ジャカが2CBの間に落ちてダウンスリーの形で両SBが高い位置を取れたりある程度理にかなった布陣でした。ただ、コラシナツのクロスの精度はお察しでしたが・・・

 ですがここまではよかったのですが、そこからの構築に難ありな形でした。さらにラカゼット不在もあってかオーバメヤンが低い位置まで降りてきすぎたりかみ合わない面もありました。

f:id:coffee20001113:20191007200739j:plain
f:id:coffee20001113:20191007200746j:plain

前からのプレスもある程度はかけに行ってたのですが、かみ合わなかったり、グエンドゥジがプレスをかけに行った裏をぺぺが戻ってカバーできずそこを使われたりのちぐはぐもありました。

 そして、今日のジャカは致命的なミスこそありませんでしたがアンカーとしては微妙でしょう。

 総括

 この試合はとてもBIG6が格下をホームに迎えての試合には見えませんでした。攻撃は単調ですし守備もボーンマスアーセナルの脆さや穴に付け込まなかったからこそのクリーンシートでしょう。いまだにエメリのやりたいサッカーは見えてきませんし、4バックとアンカージャカに固執する理由がわかりませんし薄氷の勝利と言えます。

何ならここ最近のプレミアでの試合は同じことを繰り返している印象です。なんで今3位につけているのかが不思議なくらいです。アタッカーの質が良いからユナイテッドの二の舞にならずに済んでる印象です。

おもしろかったらこちらクリックお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

↓こちらから読者登録していただければ新着記事を見逃さずに読めるので是非!
soccer-coffee20001113のブログ - にほんブログ村